« 2017年2月 | トップページ

2017年3月

2017年3月16日 (木)

備えあれば

先日の点検日を利用して消防訓練を行ないました。

わくわくビレッジの周りは木々に囲まれています。

もし、その木が燃えてしまったら大変です。

きっと消火器ではなかなか消えないくらいの炎が燃え上がってしまいます。


わくわくビレッジには放水機があります。

防水そうから水を汲みながら一気に水を放水することができる機械です。


まずは、エンジンをかけて起動させます。

1_2


そして、ホースをしっかりと持って・・・

2


水を流すと・・・

3




どどーん!!

と水が出てきました。

しっかりと固定していないと、ホースが暴れてしまって逆に危険になってしまうのです。



もちろん、この機械をずっと使わないのが一番です。

あくまでも、備えあれば憂い無しとしての訓練となるよう、毎日安全に努めてまいります!!

2017年3月 7日 (火)

ペットボトルキャップ!

高尾の森わくわくビレッジでは、

ペットボトルのキャップを回収するリサイクル活動を行っています。

1_3



この取り組みによって、
キャップを焼却する際にかかるCO2の発生を抑えることができ、
再資源化にあたり世界の子どもたちを救うポリオワクチンの資金となっています!
では、現在どれくらいのキャップが集まっているのでしょうか。。。


どどーん!
2_3

ちょっと分かりづらいでしょうか。。。
回収袋5つ分のペットボトルキャップが集まっています。
中はこんな感じ。
3_2
数え切れないほどのキャップが入っています。
実際に数えるのは大変なので、
重さを量ってみました!
4_2
いったいどのくらいの重さなんでしょう??
5
メモリが見えるでしょうか。
いっぱいに入った1袋の重さは、約10kgもありました!!
その袋が5袋なので、全部で50kg!
すごい量ですね!
ここまでくると、何個のペットボトルキャップが集まっているのか、知りたくなりますね!
重さから計算して見ましょう!
6
はかりの上に並んだキャップは全部で25個。
はかりのメモリでは、50gとなっています。
つまり、キャップ1個はだいたい2gとなります。
ということは、、、、
5袋で、50kg。
50kgは、50000g。
計算すると・・・・
なんと!!

2万5000個!!
すごい量ですね!
ちなみにキャップ800個で、ポリオワクチン1本分の資金になるそうです。
このように、高尾の森わくわくビレッジで集められたペットボトルキャップですが、
施設をご利用していただいているお客様や、
近隣にお住まいのみなさまの協力によって、
こんなにもたくさんのキャップが集まっています。
みなさまのご協力にスタッフ一同感謝いたします。
これからも高尾の森わくわくビレッジの環境への取り組みに興味を持っていただければうれしいです。

« 2017年2月 | トップページ

最近の写真

  • 1_2
  • 1
  • 2
  • 3
  • 1_3
  • 1
  • 6
  • 3_2
  • 5
  • 4_2
  • 2_3
  • Img_6253